浦和とゲームとPCと

浦和レッズ(&サッカー関連)とゲーム関係の事とPC(主に自作PC)関連の事を細々と書いていきます。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期の課題と成果が見えた試合 磐田戦(HOME) 3-2

2009.11.23
レギュラーメンバーに欠員が結構出ている苦しい状況。

これが去年だったらgdgdな試合展開になるのですが、
今年は同じ状況でもしっかりと今期に掲げている
コンビネーションサッカーがきちんと出来ているのが
やはり監督を交代した成果、というべきものでしょうね。

磐田は開始から前線からのハイプレス→ショートカウンター
というカタチを狙ってきていて、
実際それにやられそうになる所も散見していました。
ただ、それに対しては闇雲にボールを前に蹴り出すのではなく、
フリーランとドリブル、キープを甘く使い分けて
プレスを無効化させていき、逆に空いたスペースを使って、
サイドから展開する攻撃が出来ていたと思います。

先制後はいったんペースを落として、
カウンター気味にして対応していたのですが
その為に磐田に勢いを取り戻させてしまった。
そのまま攻め続けて2点目を後半開始に取ってしまえば、
もっと楽に試合に勝てたと思います。

磐田の攻撃自体はそう怖い物でもなかったのに、
1失点目はエジがクリアしようとスライディングで
足を出したけど届かずにそのまま渡ってしまい
マイナスクロス→前田で勝負あり。
2失点目は単純なマークミス。
よりによって前田をフリーにするなんてあり得ません。
こういう守備時の気抜けっぽいところが
今期の課題ですかねぇ…。

ただ、その後の攻勢は良かったと思います。
ただゴリ押しに攻めるのではなくて、
前半の時の様に、しっかりとサイドを経由して
磐田の守備陣を揺さぶって攻撃していたので、
磐田を完全にサンドバック状態にする事に成功。
得点は時間の問題になっていましたので、
逆転勝利は妥当だと思います。

今年は淡白な試合展開が多かったので、
こういう気迫の篭った(かつ戦術的意図のある)試合に
みんな飢えていたんじゃないでしょうか?
試合後の盛り上がり方は凄かったですから。

あと2試合、連勝して鹿島を優勝の座から引き摺り下ろしましょう。
2003年の最終戦の様にね。


気づけば大宮のJ1残留がかなり危なくなってますね…。
といっても大宮が圧倒的に優位な状態なのは変わりありませんが。
ただ、クラブにも選手にも危機感があまり感じられないなぁ。
ここ数年残留を果たしているからなんだろうけど、
この状況、降格した時の福岡や柏に似ているんだよね。
さて、どうなるかな…。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

CATEGORY : 浦和 TB : (0) CM : (0)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://akahishi2008.blog103.fc2.com/tb.php/289-03e9b52b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

赤菱P

Author:赤菱P

ソーシャル


浦和レッズとゲームと
自作PC好き。
だいぶ趣味が分裂しているのが
悩みといえば悩み。

FC2ブログの方で、
リンクフリーの方が
このサイトをご覧の場合、
リンクさせて頂く事があります。
予め、ご了承下さい。

このサイトはリンクフリーですが、
リンクの際にご報告を頂けると嬉しいです。
メールは↓のアドレスまで
(あっとま~くは変換して下さい)
akahishi2004あっとま~くyahoo.co.jp










最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
勝手にリンク集

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。